MENU
【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです
月曜日〜日曜日 午後三時より営業
 カウンター
 第一土曜日 HIKKI,第二土曜日 Morry,第三月曜日 由良隴砂
 その他 月曜日、土曜日 不定期 マーシャ
 火曜日〜金曜日、日曜日 不定期 店主

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki@modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


how to come to sakaiki(by VTR navi)



photo by鈴木さや香
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma7900

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
masuko x tada = yotsuya tea party vol.25: track listing
new from New York Downtown scene in first quarter of 2017


1. Theo Bleckmann
track 4: The Mission (Theo Bleckmann) 7:44
Theo Bleckmann - voice, live electronic processing; Shai Maestro - piano, keyboards; Ben Monder - electric guitar; Chris Tordini - double bass; John Hollenbeck - drums, percussion.
recorded by James A. Farber at Avatar Studios, NYC in January 2016.
album "Elegy" (ECM Records ECM 2512)

2. Craig Taborn
track 2: Abandoned Reminder (Craig Taborn) 7:46
Chris Speed - tenor saxophone, clarinet; Craig Taborn - piano, Farfisa Compact organ, Sequential Circuits Prophet 6 synthesizer, electronics; Chris Lightcap - double bass, electric bass; Dave King - drums, percussion, electronic percussion.
recorded by James A. Farber at Avatar Studios, NYC in May 2016.
album "Daylight Ghosts" (ECM Records ECM 2527)

3. Jim Black
track 1: Almost Awake (Jim Black) 3:56
track 7: Just Turned Two (Jim Black) 5:27
Óskar Guðjónsson - tenor saxophone; Elias Stemeseder - keyboards, laptop; Chris Tordini - electric bass; Jim Black - drums, sampler.
recorded by Amandine Pras at Water Music, NJ on March 25-26, 2016 and August 20-21, 2016.
album "Malamute" (Intakt Records Intakt CD 283)

4. Eivind Opsvik
track 3: Extraterrestrial Tantrum (Eivind Opsvik) 4:34
track 7: Shoppers and Pickpockets (Eivind Opsvik) 5:23
Tony Malaby - tenor saxophone; Jacob Sacks - piano, RMI rock-si-chord organ; Brandon Seabrook - electric guitar; Eivind Opsvik - double bass, analog bass synthesizer, Oberheim drum machine, hand claps; Kenny Wollesen - drums, percussion, Rhythm Ace drums machine, hand claps.
recorded by Tom Schick at Sear Sound, Studio A, NYC on June 20, 2016.
album "Overseas V" (Loyal Label LLCD 020)

5. Matthew Stevens
track 4: Cocoon (Matthew Stevens) 7:56
Matthew Stevens - electric & acoustic guitars, sampling, synthesizer, electric bass (2); Vicente Archer - electric bass; Eric Doob - drums, sampling, synthesizer, programming; Esperanza Spalding - vocals (8).
recorded by Kyle Hoffmann at Revolution Recording, Toronto. ©2017
album "Preverbal" (Ropeadope Records RAD-339)

6. Vitor Gonçalves Quartet
track 2: Cortelyou Road (Vitor Gonçalves) 8:53
Vitor Gonçalves - piano; Todd Neufeld - electric guitar; Thomas Morgan - double bass; Dan Weiss - drums.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Mount Vernon, NY on June 5, 2015.
album "Vitor Gonçalves Quartet" (Sunnyside Records SSC 1462)

7. Rema Hasumi
track 1: Vers Libre I (Rema Hasumi) 3:54
track 2: Still or Again (Rema Hasumi) 7:04
Rema Hasumi - piano, voice; Masa Yamaguchi - double bass; Randy Peterson - drums.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Mount Vernon, NY on June 16, 2016.
album "Billows of Blue" (Ruweh Records 004)

8. Sylvie Courvoisier/Mary Halvorson
track 4: Absent Across Skies (Mary Halvorson) 7:08
Sylvie Courvoisier - piano; Mary Halvorson - electric guitar.
recorded by Joseph Branciforte at Studio LULU, Brooklyn on August 21, 2016.
album "Crop Circles" (Relative Pitch Records RPR 1045)

9. Stephan Crump/Ingrid Laubrock/Cory Smythe
track 1: With Eyes Peeled (Crump/Laubrock/Smythe) 5:49
Ingrid Laubrock - tenor & soprano saxophones; Cory Smythe - piano; Stephan Crump - double bass.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Yonkers, NY on August 13, 2015.
album " Planktonic Finales" (Intakt Records Intakt CD 285)

10. Matt Mitchell
track 2: TRĀÇĘŚ (Tim Berne) 9:56
Matt Mitchell - piano.
recorded by Daniel Goodwin at Systems Two, Brooklyn. ©2017
album "Førage" (Screwgun Records)
大河原義道 文筆作品 2017/4 作品その2
「再会」

今年も桜が舞っている
楽しそうに 嬉しそうに
約束の春だから
僕も一緒に舞い上がる

少し時が経つと
自然と姿を消す桜たち
一瞬の奇跡だから
この目に留めておきたい
駄目かな?

桜から誰かの顔が浮かんだら
それは涙の再会だよ
また僕ら優しくなれる
満開の桜がスクリーンになるんだ
甘えたい気持ちにもなるんだよ




「ときを抱きしめて」

満開の桜をライトアップ
綺麗なことに気づければ
意識が止まる
いい言葉をさがして
反射している桜の花びら
瞳を合わせればほら時が輝く
口から桜の花びらのように溢れる
君への思い重ねて
止めてはダメなんだ
自然と溢れる思いを言葉にかえて
桜に結び付ける思いさがして
時を抱きしめてみるんだ
今しかないこの思いを
桜に負けないように
胸の内で咲かせてみるんだ



「胸キュン」

いつまでも見ていたい満開の桜
自然と咲いて自然と散って行く
胸の内の思いもそうかも
無くなっちゃうから留めておきたいんだ
お休み中も照らして見たりして
心配性なんだから
綺麗に溢れていることは
瞳合わせて初めて分かる
そんな時は何度だって言おう
この胸に何度だって抱きしめていたいんだ
比べるものは何もない
君だけに 今だけに
胸キュンしちゃいたいんだ
何度だって照らしてみせる



「きっと」

沢山集まれ
桜の花びらの様に
ビシッと一本の幹に
笑顔の連鎖なら奇跡
寒い冬を乗り越えると
そこには奇跡が待っている
感動し合える大切な幹の為
その時を思って今を生きる
きっと出会える
その瞬間を
待っていてくれる
誰の心にもきっと




「この桜が永遠なら」

今が永遠になるのなら
きっと羽が生えている
大きな大きな羽が胸の内で
僕を永遠にしてくれるのなら
それはもう自分ではないのかな
こんな思い初めて
いつも夢見てた
そんな時訪れるのかな?
永遠と永遠が手を結べば
そこには愛がふたりを結びつけている
満開の桜の下
ふと思ったんだ
この桜が永遠なら
僕も負けていられない



「この手の平に」

もう少し もう少しで満開
何度だって 走り寄ってみせる
笑顔になれるのなら
昨日までは忘れ
今だけに 笑顔にさせてくれ
僕は必ず守ってみせる
走り寄って来てくれる
桜に誓うんだ
何枚だって この手の平に乗ってくれていい
その度見つめるだろう
笑顔の意味を
何度だって見つめるだろう
僕らの意味を
運命が作った奇跡
誰と抱き合うかは
僕らが決めているはずなんだ
美しくなり合うのだ
可愛い意味を利用させてくれ



「僕であるために」

隠していた笑顔を見せてくれる
こんなに綺麗だったんだ
君の心
なんだかムキになることばかりで
意地の悪さを怒って見せたりして
笑顔の時はできるよ
涙見せること
嬉しいんだ
子供に戻っちゃうんだ
君と一緒ならできるんだ
胸の奥が広がってゆく
深い愛を覗かせられるんだ
君の笑顔の前だけでは
僕を大人にも
子供にもしてくれる
待っていたんだ
探していたんだ
僕が僕で居られる為に
君は見抜いたように
深く頷くんだ



「抱きしめて」

桜咲く
僕も咲く
僕の苦しみ
誰か分かってくれれば
涙溢れる
桜吹雪みたいな涙
舞い散りたいんだ

君も一緒でしょ
僕の胸の中に帰っておいで
僕も君の胸借りてもいいかな
抱きしめたいんで
抱きしめて欲しいんだ



「嘘のない約束」

桜だけ残して陽が暮れてしまう
だから照らすんだ
こんなにも楽しませてくれる
夜桜だって ルンルンしてくる
沢山の若い夢が積まってるんだ
応援し合うんだ
桜と僕らの関係
桜の時期くらい
笑顔 守らせて
だから約束するんだ
嘘のない 約束
桜は覚えているはず
桜を見上げて
桜を意識しよう
笑顔の練習はできているよ
僕の胸の内を話せる日を思って
夜桜に足の裏から力貰う



「池に浮かぶ桜」


桜が池に浮かんでいる
もっとはっきりと浮かぶんだ桜
ピンクの花びらたちも肩を組んでいた
池が鏡のようにはっきりと
寂しいときは鏡を見るといい
作り笑顔をしているうちに
寂しさ飛んで行くから
両手を挙げて手を叩くんだ
笑顔を思い出させてくれるはず



「過去を抱きしめて」

桜の下振り向いた
過去に向かい
桜吹雪が僕に向かい話しかけるんだ
思い出は振り向けば直ぐそこにある
桜の時期に会える景色がそこに
胸の内にスポットライト照らす
抱きしめている思い出に
たまに良いだろう
過去を抱きしめるんだ
ずーっと繋がっているから
全部大切な自分自身



「独り占め」

暗闇の中 下からライトアップして
笑顔を見上げるんだ
僕だけの笑顔がそこに
独り占め
あの子の笑顔を
思いながらふと目を閉じる
こんな想像だけは
胸を温かくさせる
約束できるなら
何回でも指切りげんまんしよう
そんなこと目の前で言ってみたい



「優しく」

ライトアップされた桜
ぐーんと伸びている
池の上で
ぼやけているけれど
優しいんだ
池のピンク
この胸に詰め込んで
日没の後まで綺麗だ
散ってしまった後まで綺麗に見せて欲しい
だから胸の内にシャッターを
傷ついた事ばかり思い出してしまうなんて
嫌なんだ 嬉しい事ばかり
思い出してしまいたいんだ
胸の内にあるシャッターを
上手く使いこなせたら
優しく居られる
歴史が作る笑顔がそこにあるから
大きくありたい
目尻のしわ 一本一本まで
優しく過ごすんだ



「額の汗」

山の上から遠くの町並みを眺める
目の前の木々は風に揺らされ
息をしている
鳥のさえずりも山に吸い込まれてゆく
独り太陽を思っても遠くを照らしているようで
僕は独り石畳階段に呼吸させているように
歩いている
春の陽気に額の汗が爽やかで
忘れていた 方向を取り戻す
そうだ 朝をかくことは
苦しいんじゃなくて
身体の輝きなんだと
山の匂いと会話したりして
頬には心地よい風がまとわりつく



「時間の隙間」

散ってしまった桜を眺めて
約束しよう
来年はもっと良い時期に会いに来ると
そんなこと考えながら
ベンチに腰掛け
有りのままを受け止める
自然がそうさせたのなら
文句は無い
時間の隙間に笑顔が咲いていたんだ
桜の



「儚い桜」

散り際の桜でも桜
そこには何の駆け引きもなく
時に揺らされている
こないだまでもっと綺麗だったんだろう
完成された笑顔の時期って
生あるものの宿命だ
僕はいつまで寄り添えるだろうか
儚い桜に
桜の花びらよ
この手の平に止まれ
胸の奥まで掴んでみせる



「傷ついても」

傷ついても 傷ついても
未来を見よう
さくらは前しか見ないから
やっぱり前でしょう
明るい人はね
どうしても苦しいなら
涙を流そう
自分を救う為に涙があるならひとり涙で
明日を見つめても良い
誰かと重なり合えたときに
ほら 優しさに救われるから










2017/04/23(sun)乱気流女子! 14:00 open、14:30 start 2,500yen 1drink in

「北海道の秘密兵器」吉田野乃子
Photo:Mayuko Nakatsuka


「不機嫌なピアニスト」新井陽子
Photo:R. Aratani


「即興人生の達人」jou
Photo:小熊栄


2017年4月23日(日)
14:00開場、14:30開演
2,500円(1drinkつき)
総合芸術喫茶 茶会記
ご予約・お問い合わせは「茶会記」或いは出演者まで。
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話 03-3351-7904
メール sakaiki@modalbeats.com


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【裏面】プロフィール

■吉田野乃子/Yoshida Nonoko
1987年生まれ。北海道岩見沢市出身。 10歳からサックスを始め、高校時代、小樽のサックス奏者、奥野義典氏に師事。2006年夏、単身ニューヨークに渡る。NY市立大学音楽科卒業。 ジョン・ゾーンとの出会いにより、前衛音楽の世界に惹かれる。マルチリードプレイヤー、ネッド・ローゼンバーグに師事。NYで結成した6人組のバンド" SSSS (Super Seaweed Sex Scandal)"で、2010年5月、ドイツ、メールス音楽祭に出演。2週間のヨーロッパツアーを行う。2009年からNYで活動している前衛ノイズジャズロックバンド"Pet Bottle Ningen (ペットボトル人間)"でジョン・ゾーン主宰のTzadikレーベルより2枚のアルバムをリリース。4度の日本ツアーを行う。2014年4月、ベーシスト、ロン・アンダーソンの前衛プログレバンド"PAK"のメンバーとして、ドラマー、吉田達也氏と日本ツアーを行う。2014年よりソロプロジェクトを始動。2015年6月には初のソロカナダツアーを行い、2015年10月には自己のレーベルからソロアルバム『Lotus』をリリース。2015年12月より帰国し、活動拠点を北海道に移す。

■JOU(Odorujou)
コンテンポラリーダンス作家、舞踊家、振付家、武蔵野美術大学映像学科非常勤講師。
生まれは東京、育ちは千葉県、舞踊家としては、アメリカとマレーシアで育つ。2008年ソウル国際舞踊祭外国人振付家特別賞受賞。2012年〜2015年、鹿児島県大隅半島肝付町の地域おこし協力隊として、広域芸術祭「おおすみ芸術祭」開催、アーティスト・イン・レジデンス「踊る地域案内所」運営、空き家再生プロジェクト「きやんせ」の仕掛けなど、様々な地域活性のための芸術活動を展開。2016〜2017年、鹿児島市民文化ホール主催「Kagoshima Body Sonic Festival」ゲスト講師。
建築、音楽、演劇、映像、書道、デジタルアート、伝統芸能など様々な分野とのコラボレーション表現や実験事業などの現場におけるつなぎ役や化学反応の仕掛け役を得意とする。現在は、東京と鹿児島の二重拠点で活動中。

■新井陽子(Arai Yoko)
東京生まれ。4才頃よりピアノで遊ぶようになる。東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中より演劇・実験音楽・パフォーマンス等との共同創作、公演を行う。さらに、作曲、ジャワガムランや声明を学び、1980年代よりパフォーマンス集団での活動や現代詩リーディングの音楽を担当。1990年代後半より、自分の身体感覚から音を出す瞬間を図り音楽を作ってゆくことを志し、活動を即興演奏中心に行うようになる。海外でも、ソウル、アイントホーフェン(オランダ)、ベルリン、パリなどで演奏活動を行う。ロンドンでは、ジョン・ラッセル等の主催する”mopomoso"に出演。様々なコンサートやイベントの企画、小学校のワークショップやNPO法人での活動も行ってきた。
近年は、四谷茶会記での「焙煎Barようこ」シリースでソロやデュオのパフォーマンス、ダンサーや舞踏家との即興パフォーマンス、「ショスタコーヴィチと即興」での曲と即興の演奏なども行う。自分自身の感覚や身体を常に捉え返して行く行為である「即興」と、日々、格闘中。
masuko x tada yotsuya tea party vol. 25: information
益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 25

2017年4月23日(日) open 18:30/start 19:00/end 22:00(予定)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:大村 亘(ドラム・タブラ奏者/作曲家)
参加費:¥1,300 (1ドリンク付き)

四谷音盤茶会 vol. 25

今回は、2017年第1 四半期(1〜3月)に入手したニューヨーク ダウンタウン〜ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDをご紹介します。

ゲストには、ドラム・タブラ奏者/作曲家の大村 亘さんをお迎えします。ジャズの世界で幅広く活躍し、インド古典音楽にも深い造詣をお持ちの大村さんは、現在のニューヨークを中心としたシーンの動向をどのように聴くのでしょうか。お楽しみに。(益子博之)

****************************************

大村 亘(おおむら・こう)

大村 亘

ドラム・タブラ奏者/作曲家

東京都出身。
幼少の頃よりアメリカで育ち、オーストラリアでも10年以上生活する。2006年帰国後は東京を中心に数々のミュージシャンと共演。鈴木良雄(b)Generation Gapはじめ様々なプロジェクトに参加しながら、近年では中村真(p)Trio、小沼ようすけ(gt)Trio等でも活動。Mike Rivett(ts), 佐藤浩一(p)、池尻洋史(b)から成るBungalowでも精力的に活動中。元ECMのアーティストであるMike Nock(p)の来日時、氏のトリオにも参加。
2013年よりインドに出向きインド古典音楽をタブラを通じ研鑽中。
2015年には文化庁より新進芸術家海外研修員として選ばれ、日印の文化交流に貢献する。
日本国内はじめ中国、台湾、インド、ヨルダン、オーストラリア、アメリカでのツアー等も展開し、幅広く活動中。

公式サイト:大村亘 Drummer KO OMURA's Website/ドラマー大村亘ホームページ

****************************************

益子博之(ますこ・ひろゆき)
1965年、東京生まれ。ニューヨークのダウンタウン〜ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。毎年6月頃、1週間程NYに滞在してシーンを定点観測。「ジャズけものみちを往く」を『ジャズ批評』120〜125号に連載した。共著に『Jazz The New Chapter 1〜3』『ジャズ・サックス(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 33)』『ジャズ・ピアノ(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 38)』(シンコーミュージック)等がある。

多田雅範(ただ・まさのり)
1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『OutThere』の編集に携わる。音楽サイト musicircus を堀内宏公と主宰。音楽日記 Niseko-RossyPi-Pikoe Review。音楽サイト JAZZ TOKYO コントリビューター。共著に『ECM catalog』(東京キララ社)がある。
2017/4/22(sat)点の記譜法#6 18:30 open/19:00 start 2000yen with 1 drink


2017/4/21(fri) 鵺の夜 vol.4 鵺魂(nuetama) 玉響海月(tamayurakurage)/岡田敲音 玉響海星(tamayurahitode)/沖盛静香
鵺の夜 vol.4




鵺魂(nuetama)
玉響海月(tamayurakurage)/岡田敲音
玉響海星(tamayurahitode)/沖盛静香

https://youtu.be/kM_WSc84IZo

19:30 open
20:00 start

charge 2000円(1drink付き)
@茶会記(Sakaiki),tokyo, Japan
「remembering setsu mode seminar 2017 - Therefore」喫茶茶会記店主筆





2017/4/17(mon) - 4/23(sun) Yasuyuki Tsutsui EXHIBITION 2017
| 1/239PAGES | >>