朗読一人芝居「父と暮せば」2018(吉田直子)
IMG_4461.JPG
2年ぶりにこの作品と向き合っています。
西本裕行さんと2人で始めたのが2008年でしたから、今年が10周年ですね…!
ひとりでも多くのお客様に観ていただけたらと願います。

朗読一人芝居「父と暮せば」
作・井上ひさし
演出・河田園子
出演・吉田直子
ヴァイオリン演奏 西本徳子

日程・2018年
8月17日(金)19時開演
18日(土)19時開演
19日(日)15時/19時開演
各回開演時間の1時間前より受付開始

料金・2000円 (1ドリンク付き)
会場・喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 サウンドビル1F(丸ノ内線四谷三丁目駅徒歩4分)
TEL 03-3351-7904

*客席数は25席ほどです。必ずご予約の上、お越しくださいませ。
予約・お問い合わせ
03-3351-7904(喫茶茶会記)
090-9373-8152(有志の会制作・村上)

制作・「有志の会 」yushi-no-kai

ストーリー
終戦から3年後の広島。図書館に勤める美津江は、原爆で家族や友人を亡くし、自分ひとり生き残ってしまったことに負い目を感じながら暮らしていた。
ある日、原爆資料を探しに図書館を訪れた青年と出会い惹かれあうが、そのときめきにも心を塞ぎ、青年の誘いを断ろうとする。そんな娘を見かねたのか、死んだはずの父・竹造が現れるようになり、あの手この手で美津江の心を開かせようとするが…。

image1.JPG
【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです
月曜日〜日曜日(基本無休) 午後三時より営業
(カウンター)
第一土曜日 本田万里子
第三月曜日 由良隴砂
不定期 百々ちひろ,西川祥子,安川摩吏紗,大森彩子,Morry、藤善真由帆
火曜日〜金曜日、日曜日 不定期休 店主福地
イベントルーム 副店主上田

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。
一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki @ modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


 how to come to sakaiki(by VTR navi) 



photo by鈴木さや香
喫茶茶会記 - Profile 1 -
ディスクユニオンお茶の水店
渋谷・フライングブックス
新宿紀伊国屋書店、三省堂、池袋ジュンク堂、吉祥寺ジュンク堂、
で発売
弊店でも販売しております。
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma7900

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
2018『旅の手帖』9月号から、全国ジャズ喫茶行脚の連載 (喫茶茶会記店主)
20180819

東京ジャズ地図のメインライターでもある常田カオルさんが
『旅の手帖』9月号から、全国ジャズ喫茶行脚を連載される
カオルさんは2009年よりお世話になっていて無論ジャズのみならずボサノバを軸に
ボーダレスに音を聴かれる。故に、文章の倍音性、拡がる色彩感覚が楽しみだ。
第1回は金澤&松本編。



イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
2018/8/16(thu) " 夜のギターサロン Vol.14 " - 夜の質感、静寂と生音 - 開場21:30〜/開演22:00〜23:00 ¥1000 (1ドリンク付) ※毎月第3木曜開催
" 夜のギターサロン Vol.14 "
- 夜の質感、静寂と生音 -

8/16(木)喫茶茶会記
開場21:30〜/開演22:00〜23:00
¥1000 (1ドリンク付)
※毎月第3木曜開催

【出演】
・DAISUKE HAYASHI (ギタレレ弾き語り)
・梅津 聡 (クラシックソロギター)
・soboku (アコースティックユニット)
/ayaco (歌)、下田 敦 (歌、ガットギター)


※開演前後には、通常営業のカフェスペースも料金そのままで、ご利用頂けます。
平日の遅い時間ではございますが、
どなた様も、ごゆるりとお楽しみ下さい。

「シェヘラザードナイト・ベリーダンス 自由への畏敬性」喫茶茶会記店主筆
20180815

昨日のベリーダンスの会。とても味わい深いものを感じる。
イライダさんのオルガナイズ。精神的支柱は総帥MAHAさんの総合芸術性。それがシェヘラザード。
かつTAEKAさんとMOMOさんの四点支持に支えられた会はお盆で北海道から帰った直後の
店主には想定外の出来事であり強烈、嬉しき狼狽。酒を飲みすぎた。


以下はMOMOさんのFBでの文章。すべては美しき形になるもの。回想は美に昇華する。


シェヘラザードナイト🌟四谷三丁目喫茶茶会記にて、大盛り上がりにて終了しました💖ハフラでもコンペでもなく、それぞれにのびのびとどうどうとやりたいことをきちんと踊る会でした!素晴らしかったです。
ダンサーは、観客があってのものです。観に来ていただいた方、ありがとうございました。オーガナイザーのイライダさんはじめ、マハ先生、たえかさんさん、ありがとうございました。
感想なども聞けて嬉しかったです。同じ匂いのする方にも会えて嬉しかったです。
私は、小さい時からクラシックバレエを学び、舞踏やヨガやベリーダンス、今ではどっぷりコンテに惹かれ学び、全てがちゃんぽんされたような踊りになってしまいました(>_<)でも、好きにやれるときは、それでよい、そのままでいこうと思います。
今日は、舞踏が強かったのかな、気持ち的に、、お盆だからかな、、遠い遠い昔の方の上にいまの私が立っているんだなと、時代が変わっても変わらない痛みや悲しみがあり、、
あー、ベリーダンスや踊る肉体を通して、伝えたいことを伝えたいです。
ずーっと変わらない笑顔と優しさと平和がありますように。


左よりIraida、MAHA、Momo、Taeka


出演者陣 皆さま輝いている。


[Topic]Dance New Air 2018 2018年10月3日(土)〜14日(日)  2年に一度のダンスの祭典。青山がダンスに染まる10日間!


Dance New Air 2018
2018年10月3日(土)〜14日(日) 
2年に一度のダンスの祭典。青山がダンスに染まる10日間!

会場:スパイラルホール、草月ホール、草月プラザ、ゲーテ・インスティトゥート東京ドイツ文化センター、シアター・イメージフォーラム 他
参加アーティスト:黒田育世、ルーシー・ゲリン、ラシッド・ウランダン、木野彩子、小林勇輝、BLUE TOKYO、パウラ・ロソレン 他

http://dancenewair.tokyo
「そこふく風」2018 〜身体事 喜多尾浩代 於 喫茶茶会記〜



「そこふく風」2018


今年は、ソロでの 取り組みとなっています。
5月の「そこふく風」は、皆さんと移動しながら (または、移動することを選択されずに)、身体事を通して 微風であっても そこに吹いている風 (または、そのように体に触れ通るモノゴト) を感覚する時間となっています。今回の8月の「そこふく風」では、暑い夏の昼間に、時の間隙のような空間を 皆さんと共にして、そんな静寂を味わえる空気の質感の中に 身を置き、身体事を通して それぞれの そこふく風と 出会う時間にできたら... と、思っての取り組みと工夫でした。エアコンなどなかった子供のころの 夏休みの家での うちわの風 を思い出せておられた方もいたようです。
均質に回り込む光、奥の間の動かない空気と膨張感のある温度、外光と照明光と遮光の組み合わせがもたらす 独特の暗さと感覚する身体が特徴だったかもしれません。12月も 質感にこだわって「そこふく風」やってみようと思います。ずいぶん先になりますが... 😊12/2 日曜の昼間に 茶会記でお会いできると嬉しいです。
どうぞヨロシクお願い致します。

喜多尾



「2018/8/8 台風上陸前の雨の夜に 〜クラシックのtwin vln」喫茶茶会記店主筆
20180808

ステレオフォニックに様々なアンサンブルが奏でられた。
お客様もごくわずか。ただ皆さま笑顔で帰路を急がれた。
何時ぞや再演を。
いつもマイペースだけど、演奏は真剣な
茶会記のレギュラーでもある森本由希子と
山口嘉奈子さんが優雅。





2018/8/8(wed) Lierre Duoの詩 夏の宵と弦楽の調べ  19:00 open 19:30 start 2500yen 1drink in






過去画像より








| 1/290PAGES | >>