MENU
2017/5/28(sun) 宗左近作 『炎える母』-祈り- 語り・松川真澄  音楽・ダミアン原田 マチネ13:00/ソワレ15:30 30分前開場


語り・松川真澄 
音楽・ダミアン原田

マチネ13:00 
ソワレ15:30

adv 3000yen
door 3500yen 1drink in


【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです
月曜日〜日曜日 午後三時より営業
 カウンター
 第一土曜日 HIKKI,第二土曜日 Morry,第三月曜日 由良隴砂
 その他 月曜日、土曜日 不定期 マーシャ
 火曜日〜金曜日、日曜日 不定期 店主

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki@modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


how to come to sakaiki(by VTR navi)



photo by鈴木さや香
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma7900

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
tactile sounds vol. 26
2017年 5月27日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
小太刀のばら - piano

tactile sounds vol. 26

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 26としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

小太刀のばら
(こだち・のばら)

小太刀のばら

ピアニスト/作曲家

東京西荻窪生まれ。東京純心女子短期大学(音楽科)卒。
7歳よりオルガンに親しみ、14歳よりピアノを始める。
ハンク・ジョーンズやアル・ヘイグの演奏スタイルに学び、後に、バド・パウエル、セロニアス・モンクのピアノに強く影響を受ける。セロニアス・モンクやチャールス・ミンガス(b)などの曲の他、バラードやミィデアムテンポの歌ものを好んで演奏している。
音色と、その場のインタープレイを大切にする事を心がけている。
1995年、アケタズディスクより、初リーダーアルバム「のばらさん」を発表。他、主なCD「散文歌」宮野裕司(as)氏とデュオ、「是安則克メモリアル}是安則克(b)氏とデュオ。
主な著書「スタンダードジャズVol1,2」日音

公式サイト:小太刀のばら JAZZ Pianist

  
「喫茶茶会記・11年目」喫茶茶会記店主筆
20170527

本日より喫茶茶会記は11年目を迎えた。

2008/7 一周年記念会 (主宰YUM)












Special Thanks

Asami Kitayama
Dai Morimitsu
Tsuyohide Yoshioka
Yumiko Haruki
Ami Yamasaki
Yuuki
Maho Kaseki
Sebangou 0
Masahiko Nagaoka
Aya Nagaoka


2017/5/26 十周年記念 


Special Thanks

Akiyuki Ueda
Yugo Tanaka
Shino Hayasaka
Erika Sugai
Shoko Nozaki
Saiko Kino

今後も地味に沈潜し続ける。

2017/5/26(fri) かみむら泰一 & 永田利樹 & 白石美徳 即興・オリジナル オーネットコールマン 2500yen + 1drink 20:00 start 
2017/5/26(fri)深夜廟 齊藤功、吉島智仁、二人の打楽器奏者による静寂の対話 23:15-> start  2000yen 1drink in



小さく 静かに 膜が 木が 鐘が 震えて 鳴る
打楽器は真夜中に目を覚ます

齊藤功、吉島智仁、二人の打楽器奏者による静寂の対話

23:15-> start
2000yen 1drink in


「Resonance」喫茶茶会記店主筆

20170526

 

レゾナンスレコードとはここのところ

シンクロニシティを感じる

 

風を起こし、風となる──喜多尾浩代『そこふく風』特別編♯4 北里義之

 

 「身体事」(しんたいごと)という言葉を造語し、感覚に対してユニークなアプローチを切り開いている喜多尾浩代は、喫茶茶会記を会場にして、美術家や即興演奏家とセッションする「そこふく風」シリーズと、午前9時10分開演という、ダンス公演としては異例の時間帯にスタートするソロ「そこふく風」〜特別編〜を主宰している。茶会記のすべての扉と窓を開け放して初夏に一度だけ開催される「特別編」の第4回が、今年も5月20日(土)に開催された。現在は参加人数を10人に限定しておこなわれているが、なかには案内の詳細を確認せずに訪れる人もいて、今年は14人とやや多めの参加者が集まった。

 

 私が開演から少し遅れて到着したときには、踊りはじめとなる奥の小部屋の開かれた扉から、同室してなりゆきを見守る人の姿が見えた。かたや、縦格子のはまった壁に向けられた椅子がざっと置かれた中央の部屋は、薄暗い照明のなかに沈んでいて、おたがいに距離をとって座る人々が、踊り手が扉の外に出てくるのを待機していた。開けっぱなしの扉をのぞきこむことのできる最前列に座らないと、踊り手の姿は見えないので、ほとんどの人は、奥の部屋の気配を感じとるだけの状態に置かれる。踊り手はとてもゆっくりと動きを運んでいくため、しばらくしてしびれを切らした男性がひとり大きな音をさせて前列に移動すると、それをきっかけに多くの人が座席を移して横一直線にならび、そこまで方向を定めずに滞留していた中央の部屋の空気は、人々の視線がひとつにまとまることで一気に澄んだものへと変化した。驚異的なこの視線の力は、踊り手の身体を見たいという人々の集合的な欲望そのものだった。

 

 奥の小部屋とは反対側にある、表玄関に通じる喫茶室では、環境を支配してしまわないように配慮されたかすかな響きがスピーカーから流れている。奥の小部屋から中央の部屋に出てきた踊り手は、縦格子のはまった薄暗い空間でうごめく様子。部屋の最後尾にならんだ足高の椅子に腰かけた私は、喫茶室側の扉から射しこむ玄関の強い光にさまたげられ、踊り手の動きは影のなかを動く影のよう。小さすぎてなにが鳴っているのかよくわからない音とおなじように、出来事の仔細をつかむことができなかった。ただ、踊りが人々のすぐ眼前に接近する形でおこなわれていることだけは了解することができた。

 

 スピーカーから漏れてくるように流れる音、茶会記の外から響いてくる建て替え工事中のハンマーの響き、自然光にかき消されてしまう実用性を剥ぎ取られた照明の光、そして踊り手の身体を求める人々の視線、これらを受けとめ流れを生み出していく喜多尾の身体事は、すべてこうしたあわいに発生する気配のようなものを「そこふく風」として引き受け、同時に、踊るみずからの身体そのものを「そこふく風」にしていく行為なのではないかと思う。一口に「環境」といってしまうとき、無意識に私たちの身体の外に設定されてしまうものを、「そこふく風」という言葉は、内外の別なく吹き抜けていくひとつの身体として提示しようとしているのかもしれない。

 

 私よりもなお遅れて会場に到着し後方の椅子にすわるふたりの女性、最前列の椅子に接近する踊り手を見て、飛び立つように椅子席の背後に移動する女性、奥の小部屋から出て立ち見する男性などがいるなか、中央の部屋は、椅子がほぼ全面を占めて通路のない状態だった。観客席に接近した踊り手は、椅子と椅子の間に身体をすべりこませ、座る人の身体に触れながら回転するようにして椅子をやり過ごし、座席のうしろへと出てきた。私の目の前をおおうようにして背中向きで立つと、私の膝小僧に背中で触れてから喫茶室に滑り出していく。踊り手の動線を知る「そこふく風」常連の人が、踊りを追って扉口に向かった。

 

 喫茶室に出た踊り手はスピーカーを背にしてひとしきり踊ってから、ゆっくりと玄関から外に出ていく。気のせいか、今年は玄関のすぐ外に立つ時間が例年より長いように感じた。茶会記のある路地に建っていた古いアパートが新築中で、この日は大工が2人ばかり現場を出入りしていた。例年であれば、路地を飛び石づたいに歩きつくす踊り手は、ピンク色のコンクリートが打たれ、強い初夏の日ざしに電線の影が色濃く落ちる茶会記前の空間に立ち、その中央にあいた排水溝のあたりで舞ってから広場の端に腰をおろした。茶会記の2階で営業する店舗に出勤する店員がひとり、地面にすわる喜多尾の傍らを通過していった。最終場面は、半円形になってしゃがんだり立ったりする観客に囲まれて踊るような格好となり、視線に喜びを与えるダンサーとの距離が確保されたためか、面白いことに、茶会記のなかよりずっとステージらしさが出たなかで終演を迎えた。もしかするとこれは、もともと終わりのない身体事に、その場かぎりの区切りをもたらす演劇的な約束事ということなのかもしれない。■

 

(2017年5月26日 記)

上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2017/5月度スケジュール

 

◆5月7日(日)19時半〜、バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」※現在バーの壁面を使い「プチERICO展」を開催中。5月17日迄。

 

◆5月8日(月)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」出演上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

 

◆5月17日(水)19時半〜、バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」

 

◆5月25日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き

 

◆5月26日(金)〜28日(日)、池袋ギャラリーZOにてフクロウ展開催。正午〜初日22時まで、27日〜20時まで、最終日〜17時まで※入場無料

 

◆5月27日(土)18時半開場、19時開演〜池袋ガレージ・バー「フルハウス」にて演奏※Mチャージ千円+オーダー(+消費・サービス税)

 

◆5月31日(水)19時半〜、バー「スケアクロウ」にてほろ酔いライブ

| 1/242PAGES | >>