MENU
2018/1/14(sun)吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾参―」


吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾参―」

木村由 (dance)
吉本裕美子 (guitar, etc.)

2018年1月14日(日)
8:00pm 開演

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

木村由 / KIMURA Yu (dance)
幼少の頃、団地の集会場でモダンダンスと会い、踊りの世界に足を踏み入れて
以来、踊りと共に過ごしている。中條富美子に約20年モダンダンスを師事。
NYで活躍しているエイコ&コマに影響を受ける。1992年神奈川県現代舞踊協会奨励賞受賞。
数々のモダンダンス作品に出演する傍ら、自らの踊りを求め作品を作り始める。
「ダンスパフォーマンス蟲」主宰。ちゃぶ台の上で踊る「ちゃぶ台ダンス」を
毎年「夏至」と「冬至」に行っている。美術家や音楽家とのコラボレーションも
多数展開。即興ダンサーとして、その場の空間を見出す試みに夢中。
http://mushi.info/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (guitar, etc.)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレの
ヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの
即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他、ソロ演奏をおこなう。
2008年、山田勇男の8ミリ映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作
ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest
2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/
2018/1/13(sat) 「Die FRAU vol.3」 -魚とオレンジ- 18:30開場 19:00開演 3500yen(inc.1drink) 出演 Midori Kurata (sop) Ai Yamamura (pf)


2018年1月13日(土曜)
「Die FRAU vol.3」
-魚とオレンジ-

18:30開場 19:00開演
3500yen(inc.1drink)

出演
Midori Kurata (sop)
Ai Yamamura (pf)
2018/1/8(mon)朗読と語りのライブ 光子/アンプラグド 〜四谷で文学に浸る午後〜 14:30 open 15:00 start 2000yen 1drink in
朗読と語りのライブ

光子/アンプラグド
〜四谷で文学に浸る午後〜

音響・照明の力をかりず、シンプルな舞台の上で、光子という俳優ひとりの声と身体を用いて、皆様を文学の世界へお連れします。

お酒や珈琲を味わいつつ、まったりと文学に浸る午後をお届けします…

浸り料…2000円(ワンドリンク付き)

光子プロフィール
東京乾電池、ニナガワスタジオ等で演技を学び、数々の舞台や映画に出演。現在は浅草くじら座の一員として、浅草リトルシアターにて喜劇の舞台に立っている。

光子ツイッター→@hikari_no_ko325



2018/1/7 (sun) Reconstructed Standard Trio open 14:00 start 14:30 2000円+ order



Reconstructed Standard Trio

open 14:00
start 14:30
2000円+ order

スタンダードを再構築する
ピアノ コントラバス ドラムスの
スタンダードトリオ


詩的な表現で音楽の新たな側面に光をあてるピアニスト 佐分理恵、
縦横無尽にサウンドをうねらせるベーシスト 鴻野暁司、
複数のパルスとダイナミクスを操るドラマー吉島智仁による、

ジャズスタンダードへの飽くなき挑戦。
2018/1/6(sat) 『新春☆タカハシ・ガールズ・コレクション』チャーリー高橋(g) Lico (vo) クドウアイコ (vo) あがさ (vo 他) 2000yen 1drink in


2018年1月6日(土)
『新春☆タカハシ・ガールズ・コレクション』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記

時間: 開演 19時
(お店は15時より喫茶営業しています)

料金: 2,000円(1ドリンク付)

出演:
チャーリー高橋(g)
Lico (vo)
クドウアイコ (vo)
あがさ (vo 他)
Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1757245004316891/
2018/1/5(fri)naoji kondo ,toshiki nagata , takashi seo - sax , twin bass unit


2018/1/5(fri)
naoji kondo trio
永田利樹(contrabass)、瀬尾高志(contrabass)、近藤直司(Baritone/Tenor Sax)
2500yen 1drink in 19:30 open 20:00 start


photo by ippei katou web site

近藤直司(baritone/tenor sax)
10代後半、のなか悟空(ds)、川下直広(sax)らの路上演奏に参加後、
のなか悟空&人間国宝のメンバーとして、セルゲイ・クリューヒン国際音楽祭、メルス・ジャズ祭などに出演。
同時に、不破大輔(cb)、大沼志郎(ds)とのトリオ、渋さ知らず、原田依幸(p)とのロシア、リトアニアでのデュオ、大怪物團などで活動。
2016年、永田利樹(cb)、瀬尾高志(cb)とのトリオでCD「Petite Fleur」、LP「Desireless」を制作し、
フリージャズの名曲、クラシック現代曲などを素材とした、力強く、美しい即興演奏を追求している。



永田利樹(contrabass)

 1959 年 9 月 6 日東京生まれ。立教大学法学部卒業後、コントラバスクラッシック奏法を 溝入敬三氏、ジャズ奏法、理論をゲイリー・ピーコック氏らに師事し、ベース奏者,作曲家として活動を始める。  
1990 年代に早坂紗知等とドイツ・メールス JAZZ 祭、ニュールンベルグ大聖堂で Ost West Festival”などヨーロッパ各国フェスティバルに参加し好評を博す。  また「Knitting Factory」「SOB's」など NY ライブハウスにも活動場を拡げ、レオ・スミス (tp)フェローン・アクラフ(dr)ジョッシュ・ローズマン(tb)など NY ミュージシャン達と交流も深めている。           
2009 年にNYライヴハウス「The Stone」「Local 269」にも出演し好評を得る。  国内で山下洋輔 p、カルメン・マキ vo、村上ポンタ秀一 dr、おおたか静流 vo、渡辺勝 vo,梅津和時 as、本田竹広 p、Fire Ball ,Think Tank など様々なミュージシャンとセッション、レコーディングに参加。
 ヨーロッパや韓国フリージャズ系ミュージシャンと親交も深くピーター・コヴァルト、 ハンス・ライヒェル、トリスタン・ホンジンガー、金大換等と Free Improvisation コンサート、ライヴで共演。  
1998 年 林栄一(as,ss)、鬼怒無月(g)らを率いて自己グループ『NBAGI』を結成し 2000 年に全曲自身オリジナル曲による初リーダーアルバム「ECDYSIS」(NBAGI RECORD  N-003)を発表。  2008 年「Free Dub Jazz」コンセプト元、自己ユニット『MAU』を立ち上げ 2009 年韓 国でツアーを行う。同年ブリティッシュダブ創始者 Dennis Bovell と共作「Dub Jazz Jazz Dub」をパワーシャベル社からリリース。クラブシーンにも活動場を広げる。   2011 年に妻早坂紗知(as,ss)息子 RIO とユニット『TReS』で 2 ヶ月間アルゼンチンツアーを行う。  
2012 年から 2014 年、NY から来日『フェローン・アクラフ DFS ユニット』日本ツアー でベースを担当し、 2013 年に CD「Pheeroan akLaff Live in Japan」録音に参加。 2014 年 11 月『TReS』2 度目アルゼンチン、ブラジルツアーを行いブエノスアイレス国際ジャズフェスティバルに日本人グループとして初出場を果たす。
2016 年 10 月米国シアトルにてEarshot Jazz Festival”に『TReS』として参加。
2016 年 12 月キューバ、ハバナにてFestival International Jazz Plaza”に『TReS』として参加。



瀬尾高志 (contrabass)
1979年札幌生まれ。コントラバスを藤澤光雄氏に師事。

2001年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。

板橋文夫(pf)と竹村一哲(ds)とのトリオ『FIT!』、原田依幸(pf)近藤直司(bs)小山彰太(ds)との『魚群探知機』、トリスタンホンジンガー(cello)のグループ『House of Wasps』や、酒井俊、カルメンマキ、寺田町らシンガーとの共演、能楽師笛方の一噌幸弘とのプロジェクト、コントラバス独奏、工藤丈輝、ジャン・ローレン・サスポータス、レオナなどダンサーとの共演も多い。また、コントラバス集団『漢達の低弦』を主宰。

ばんけいジャズフェス、横浜ジャズプロムナード、シンガポールWOMAD,RISING SUN ROCK FESTIVAL、PERCPAN(リオデジャネイロ、サルバドール)ASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE2010(ソウル)、ISB Convention 2013(Rochester.NY)など国内外のフェスティバルに多数参加。2015年8月トリスタンホンジンガー『House Of Wasps』でベルリン、オランダ、ベルギー、ロンドンツアー。

独自の感性と探求心で、ジャンルの垣根なく演奏活動している。

http://www.seotakashi.com/





2017/12/23(sun)SESHEN × 蓮見令麻 SOLO+SOLO+DUO 当日3000円 / 前売り2700円 (1ドリンク付き) Open13.30/ Start 14.00(1セット) 蓮見令麻(piano) Seshen (movement)


=====================================
蓮見令麻
即興演奏家。主な楽器はピアノ。2011年頃よりニューヨークで音楽活動を開始。
2015年、ファーストアルバム『UTAZATA』をリリース。パンデイロやトロンボーンを起用した独自の楽器編成で日本の伝統音楽とインプロビゼーションの融合を試みる。2017年、セカンドアルバム『Billows of Blue』をリリース。
ポール・ブレイ、セシル・テイラー、マシュー・シップ、アネット・ピーコック、サンラなどに影響を受け、
自身の「フリー」、即興演奏の形を探る。
これまでに、共演したミュージシャンは、タイショーン・ソーリー、トーマス・モーガン、トッド・ニューフェルド、ダン・ワイス、ランディ・ピーターソン、ロジャー・ターナーなど多数。
www.remahasumi.com

Seshen
ボーカリストおよびダンサー。
アメリカ、カナダに暮らした後、2014年よりノルウェーのオスロを拠点とする。
即興音楽を専門とし、声とムーヴメントの両方を織り交ぜた音楽表現を行う。
創作表現活動はつねに自然に深く根ざしている。
ノルウェーの即興音楽シーンの中で活動を続ける他、さまざまなクロスメディアのパフォーマンスにも参加する。

www.SeshenArts.com
2017/12/21(thu) "夜のギターサロン Vol.6"


12/21(木) 喫茶茶会記
開場21:30〜/開演22:00〜23:00
¥1000 (1ドリンク付)
※毎月第3木曜 開催
[出演]
・梅津 聡 (クラシックソロギター)
・DAISUKE HAYASHI (歌、ギタレレ)
・soboku
ayaco (歌)
下田 敦 (歌、ガットギター)
2017/12/17(sun)常民一座ビッキンダーズ 旗揚げ公演 『まみやまみれ 一巡目』


常民一座ビッキンダーズ 旗揚げ公演
『まみやまみれ 一巡目』
13:30 16:00開演
(30分前開場)
3000円(学生2500円) 1ドリンク付き

日下麻彩
wk09-t.m.v@docomo.ne.jp
090-2620-0610
2017/12/24(sun) Hyoruka 秦真紀子、吉本裕美子 open 2:30pm start 3:00pm 2000yen 1drink in


| 1/31PAGES | >>