イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
2018/8/16(thu) " 夜のギターサロン Vol.14 " - 夜の質感、静寂と生音 - 開場21:30〜/開演22:00〜23:00 ¥1000 (1ドリンク付) ※毎月第3木曜開催
" 夜のギターサロン Vol.14 "
- 夜の質感、静寂と生音 -

8/16(木)喫茶茶会記
開場21:30〜/開演22:00〜23:00
¥1000 (1ドリンク付)
※毎月第3木曜開催

【出演】
・DAISUKE HAYASHI (ギタレレ弾き語り)
・梅津 聡 (クラシックソロギター)
・soboku (アコースティックユニット)
/ayaco (歌)、下田 敦 (歌、ガットギター)


※開演前後には、通常営業のカフェスペースも料金そのままで、ご利用頂けます。
平日の遅い時間ではございますが、
どなた様も、ごゆるりとお楽しみ下さい。

2018/8/13(mon)作品『血と砂』『大当たり空の円タク』 活動写真弁士 山内菜々子 音楽(三味線)  宮澤やすみ 開場18:30 開演19:00 料金1800円(ワンドリンクつき)


8/13(月曜日)
開場18:30 開演19:00
料金1800円(ワンドリンクつき)
活動写真弁士 山内菜々子
音楽(三味線)  宮澤やすみ
作品『血と砂』『大当たり空の円タク』
問合わせ・申込➡nanakoyamauchi@ gmail.com


井上弘久・ソロライブ 独演 椿の海の日記 - もうひとつのこの世をもとめて 





ご予約 hirohisa52@yahoo.co.jp


井上さんは本公演ご承認を得る為に、九州の石牟礼道子さんの下の参られました。
「ありがとうございます」石牟礼さんは仰られたそうです。
その後、このフライヤーが完成した後にご死去されました。
私が知ることができないとても深い会になると思います。 店主
2018/8/24(fri)春画で愉しむ江戸の性事情 中野愛梨、shungirl 19:00 open 19:30 start 2000yen 1drink in


2018/8/25(sat) Marimba, Alto Saxophone, Percussion Trio 出演:山田あずさ(マリンバ) 林栄一(アルトサックス) 相川瞳(パーカッション) Open 19:30 / Start 20:00 当日:3,300円 予約:3,000円 学生:2,000円 (各1Drink付)





2018.08.25(土)四谷 茶会記

Marimba, Alto Saxophone, Percussion Trio
出演:山田あずさ(マリンバ) 林栄一(アルトサックス) 相川瞳(パーカッション)
Open 19:30 / Start 20:00 当日:3,300円 予約:3,000円 学生:2,000円 (各1Drink付)
2018/8/26(sun)ClaLIVE 14:00 open 14:30 start 2000yen 1drink in
2018/9/7(fri)「シュレーディンガーの猫」 開場 19:30 開演 20:00 料金 ご予約 2,000円 当日 2,500円(1ドリンク付)




イベントタイトル
「シュレーディンガーの猫」

出演
武智博美 / 舞踏
内藤奈美 / ダンス
関口大 /  サウンド

日付
2018年9月7日 (Fri) 開場 19:30 開演 20:00

料金
ご予約 2,000円 当日 2,500円(1ドリンク付)
2018/9/8(sat)Sacred Garden 声と音と舞を捧げる夜。vol.2 19:00 open 19:30 start 3000yen 1drink in


2018/9/9(sun)「一本のガランス」詩:村山槐多 書・藤田好雪 打・ISAO 19]00 open 19:30 start ※ガランスとは赤色の絵具、茶会記壮絶系の極み 店主


「一本のガランス」
詩文・村山槐多

ガランスとは赤色の絵の具のこと。

映画の効果音のように繰り広げられるISAOさんのpercussionと共に、槐多の詩文を好雪が書き綴ります。



村山槐多(1896 -1919)
夭折の天才画家と言われた。
強く激しい線で描かれ、凄まじい熱量が込められた画は痛々しいながらも神々しい。
恋愛対象は老若男女問わず、少々ストーカー的。生前は売れなかったため、貧乏、発狂し、最後は肺結核で幕を閉じる。

9/9(Sun)
19:00開場
19:30開演
¥2500(1drink付き)
| 1/3PAGES | >>