tactile sounds vol. 25
2017年 2月25日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
リン ヘイテツ - piano
西嶋 徹 - double bass

tactile sounds vol. 25

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 25としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

リン ヘイテツ


リン ヘイテツ

ピアニスト/作曲家

1996年立教大学文学部入学後、ジャズに興味を持ち始め、ユキ・アリマサ氏にジャズピアノを学ぶ。
2001年バークリー音楽大学ジャズコンポジション科専攻。引き続きジャズピアノ、音楽理論を学び、学内外において演奏活動を開始。
2003年帰国後、現在は東京都内を中心に多方面で活動している。

公式ブログ:リン ヘイテツ の部屋




西嶋 徹(にしじま・とおる)

西嶋 徹

ベース奏者

1973年東京生まれ。5才よりヴァイオリンを始め、高校よりエレキベースを始める。大学を卒業後コントラバスに転向。Su、Nervio、west/rock/woods、「森」、cuatrocientos、tango-jack、三枝伸太郎orquesta de la esperanzaなど、ジャンルを超えて様々なグループに参加。これまでにJazztronik、Pablo Ziegler、青木カレン、上妻宏光、中孝介、綾戸智恵、ウィリアムス浩子、小野リサ、カルメンマキ、木住野佳子、小松亮太、須永辰緒、葉加瀬太郎、藤本一馬、古澤巌、ワサブロー、など多くのアーティストのコンサートやレコーディングに参加。2014年にピアニスト林正樹との2枚目となるDUOアルバム「El retratador」をリリース。

公式ブログ:ベーシスト西嶋徹のブログ

  
tactile sounds vol. 24
2016年 11月27日(日) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor saxophone
栗田妙子 - piano

tactile sounds vol.24

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ<
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 24としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

栗田妙子
(くりた・たえこ)

栗田妙子

ピアニスト/作曲家

東京中野生まれ。4歳の時にピアノを習い始める。
小学校の合奏部をきっかけに合奏にめざめ、中学〜大学まで学内の合唱部、管弦楽部、ビッグバンド等に参加。卒業後は一旦就職するも2年後に退職し音楽に専念する。この頃から独学で作曲に取り組む。
ピアノトリオで新宿PIT INN、横浜エアジン等でライヴを始める。

以降、様々なグループに加入しライヴやレコーディングに参加。

参加アルバム
Oncenth Trio(オンセントリオ)『Oncenth Trio』(1stアルバム)、『法』(2ndアルバム)
『Philosophy of the Secret ♨』(3rdアルバム)
『Oncenth Trio + さがゆき(ゲスト本田コン)』
宮脇裕子trumpet『Song of Flower』
佐藤ことみdrumsカルテット『うたた寝』
ミドリトモヒデalto sax『コレクリトリオ』
植村花菜vocal & guitar『The Covers '60〜'70』『愛のかたち』
時限楽団『時限楽団#9』
南部信子vocalのmoira(モイラ)『アリルの涙』
嶌田憲二bassのTIME EMIT(タイムイミット)『TIME EMIT』

その他のアルバム
Solo Piano『忽骨 ko-tsu-ko-tsu』

その他、合唱やバレエの伴奏にも携わっており、毎年いくつかのコンサートに出演している。
また、バレエやミュージカル等舞台音楽の作曲にも力を注ぐ一方、ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』のキャラクターBGM(ウェザーリポート他)の制作にも関わる。

公式サイト栗田妙子 web

   
tactile sounds vol. 23
2016年 8月27日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
古木佳祐 - double bass
大村 亘 - drums & tabla

tactile sounds vol. 23

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ<
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 23としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

古木佳祐(ふるき・けいすけ)

古木圭佑

ベース奏者

1990年生まれ 神奈川県出身
歌手の母、ピアニストの父の音楽一家に生まれ幼少の頃よりジャズ、ワールドミュージックに親しんで育つ。
コントラバスを山下弘治氏、ジャズピアノを飯沼五洋氏に師事。10代よりプロの場での演奏を開始し現在は都内を中心に、日本国内に留まらず国外のツアーにも同行するなど、精力的に活動している。
大野俊三(Tp) Adam Unsworth(hl) 山口真文(sax) David Berkman(p) 辛島文雄(p) 高嶋宏(Gt) 奥平真吾(Dr) 今津雅仁(sax) 原朋直(Tp) 熊谷ヤスマサ(p) 等のバンドに参加。
また、ユニットとしてLibstems, octagon,Veracity Voice,等にも参加。他にも作曲家、音楽理論の講師、アーティストのレコーディングなど活動の幅を広げている。

公式ブログ:フルキのブログ





大村 亘(おおむら・こう)

大村 亘

ドラム・タブラ奏者/作曲家

東京都出身。
幼少の頃よりアメリカで育ち、オーストラリアでも10年以上生活する。2006年帰国後は東京を中心に数々のミュージシャンと共演。鈴木良雄(b)Generation Gapはじめ様々なプロジェクトに参加しながら、近年では中村真(p)Trio、小沼ようすけ(gt)Trio等でも活動。Mike Rivett(ts), 佐藤浩一(p)、池尻洋史(b)から成るBungalowでも精力的に活動中。元ECMのアーティストであるMike Nock(p)の来日時、氏のトリオにも参加。
2013年よりインドに出向きインド古典音楽をタブラを通じ研鑽中。
2015年には文化庁より新進芸術家海外研修員として選ばれ、日印の文化交流に貢献する。
日本国内はじめ中国、台湾、インド、ヨルダン、オーストラリア、アメリカでのツアー等も展開し、幅広く活動中。

公式サイト:大村亘 Drummer KO OMURA's Website/ドラマー大村亘ホームページ

  

 
tactile sounds vol. 22
2016年 5月28日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
ハクエイ・キム - piano

tactile sounds vol. 22

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ<
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 22としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

ハクエイ・キム

ハクエイ・キム

ジャズピアニスト/作曲家

1975年京都市に生まれ札幌市で育つ。
日韓クォーター。5歳からピアノを始める。
オーストラリア、シドニー大学音楽院卒業。
2005年にDIWよりインディーズデビュー。
2009年にピアノ・トリオ 「TRISONIQUE/トライソニーク」を結成する。
2010年には渡辺貞夫の『Sadao with Young Lions』のツアーに参加。
2011年にユニバーサル ミュージックよりメジャー・デビュー後は『サッポロシティジャズ』、『香港インターナショナル・サマージャズフェスティバル」等国内外の数々のフェスティバルに出演。
TV東京全国ネット『美の巨人たち』のエンディングテーマを担当し、クリスタル・ケイや綾戸知恵のアレンジ、レコーディングに参加した他、日韓合同制作の映画『道〜白磁の人〜』(高橋伴明監督作品) のエンディングテーマを担当した。
2015年にジャズジャズの名門「Verve」レーベルより韓国伝統音楽ユニット「新韓楽」と「トライソニーク」とのコラボレーションアルバム「HANA」をリリース。
現在国内外で精力的に活動中。

公式サイト:ハクエイ・キム

  

  

tactile sounds vol. 21
2016年 3月 6日 open 19:00/start 19:30 

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
加藤一平 - electric guitar
坪井 洋 - drums

tactile sounds vol. 21

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel03-3351-790415002300
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 21としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。


<出演者のご紹介>

加藤一平(かとう・いっぺい)

加藤一平

ギター奏者 

1982年東京生まれ。20歳のときにギターを始める。独学。都内各所のセッションで腕を磨く。23歳の時、NYに半年滞在。ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。

帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、Han Bennink(ds)、中牟礼貞則(g)、不破大輔(b、ダンドリスト)、坂田明(as)、梅津和時(as、cl)、加藤崇之(g)、dj honda(DJ)、coba(accordion)、是安則克(b)、Keiko Lee (vo)、のなか悟空(ds)、川嶋哲郎(ts)、音川英二(ts)、松本健一 (sax、尺八) 、臼井康浩(g)、本田珠也(ds)、Grace Mahya(vo)、KILLER-BONG (DJ、rap、MPC)、タブゾンビ(tp)、丈青(p)、元晴(sax)、秋田”ゴールドマン”紀彰(b)、市原ひかり(tp)、大西由希子(as)、etcと共演。

現在の参加バンドは、『鈴木勲 OMA SOUND』『日野皓正 h FACTOR』『日野皓正 quintet』『渋さ知らズ』『Fuwa works (from 渋さ知らズ)』『谷保典 Tabletop Guitars』『のなか悟空 人間国宝』『のなか悟空 騒乱武士』『金剛 督 2重奏』『音川英二 KOA5』『津上研太 元太平洋』『紺野智之 SQUID SQUAD』『THE NUKAPONS』


  


 坪井 洋(つぼい・ひろし)

坪井 洋

ドラム奏者/作曲家 

大分県別府市生まれ。千葉大学入学後、モダンジャズ研究会に所属しドラムをはじめる。原 大力氏に弟子入りし、在学中より関東のレストラン・ライブハウス等でジャンルを問わずプロ活動を始める。

2007年より通信制サポート校に音楽講師として在籍し、児童相談所の勤務経験も活かし、様々な悩みを持つ生徒・家族に音楽を通して関わっていく。 

2010年、海外修行を決意し、まずカナダのトロントに渡り、地元のミュージシャンと交流を重ねる。2012年にスウェーデンのヨーテボリに渡り、Ljunskile folkhögskolaのJazz科に首席で合格し在籍。 各地のライブハウス・レストランで演奏はもちろん、ラジオで生演奏を行ったりと地元の様々なプロミュージシャンと交流する。Terje Sundby氏に師事。

2013年にTerje氏の勧めによりドイツのベルリンに渡る。様々な国籍のミュージシャンと演奏を重ね交流していく。また美術家・ダンサーなどいろいろなジャンルのアーティストと関わり、社会とアートについての考えを深めていく。

2014年、今まで培ったものを腰を据えて実践して行くために帰国し、拠点を東京に置く。 Kenneth Knundsen,Ramiro Oraciregui,Thomas Daborowskiとの日本ツアーも終え、世界と交流しながら、あらゆるボーダーレスで活動中。 

現在、レギュラーとして3人リーダー「Tre farger」、南博 「Europhobian 4」、津上研太 「元太平洋」、自己リーダー「まゆたま」、津上研太 「Q」、瑞季 「OCHOSHi」(敬称略、発足順)で活躍中。


 
tactile sounds vol. 20
2015年 11月 28日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
山田あずさ - marimba & percussion

tactile sounds vol. 20

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金 ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ 
綜合藝術茶房 喫茶茶会記 
tel:03-3351-7904(15:00〜23:00)
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 20としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

山田あずさ(やまだ・あずさ)

山田あずさ

鍵盤打楽器奏者/作曲家

北海道富良野出身。桐朋学園大学音楽学部カレッジデュプロマコースにてマリンバを専攻、世界的なマリンバ奏者である安倍圭子、浜まゆみの両氏に師事。

2011年コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。卒業後、WUJA BIN BIN、渋さ知らズ オーケストラなどのバンドをはじめ、自身のバンド MoMo、ATLAS、nouonで作曲も手掛ける。海外ツアーやマリンバ曲などの制作・録音、近年では、ドイツ在住のダモ鈴木(CAN)、舞踏家 蝉丸(山海塾)との共演、さらに、星野源やタクシー・サウダージなどヴォーカリストのサポートなど、活動の幅は多岐に渡る 。不定期で開催しているワークショップでは楽器づくり/音楽体験など、親子で楽しめる内容で好評を博す。

これまでに、スペイン のSAN SEBASTIAN JAZZALDIA、ポルトガルの FNN SINES2013、フランス のLA ROQUE D’ANTHERON FESTIVAL DE PIANOなど伝統ある海外フェスに出演、国内では六本木アートナイト、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン、神奈川国際芸術フェスティバルなどに出演。

公式サイト:マリンバ・パーカッション 山田あずさ オフィシャルサイト

 
tactile sounds vol. 19
2015年 8月 22日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
清野拓巳 - electric & acoustic guitars

tactile sounds vol. 19


■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel:03-3351-7904(15:00〜23:00)
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 19としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>


清野拓巳(せいの・たくみ)

清野拓巳

ギター奏者/作曲家

13歳でギターを手にし、15歳頃からライブハウス等での活動を始める。1993年渡米。バークリー音楽大学演奏科入学。1996年同校を最優等で卒業。在学中より自らのグループを率いて、ボストン、及びその近郊にて演奏活動を重ねる。また、さまざまなセッション、レコーディング、コンサート等にも数多く参加。1996年8月帰国。以来、自己のグループ、ソロ演奏での活動と平行して、精力的に国内外のミュージシャンとの共演を重ねている。多くのリーダーアルバムをはじめ、日本、アメリカ、ヨーロッパ等のレーベルから50枚以上のCDを発表。ジャンルという枠にとらわれないボーダレスな姿勢、独自の世界観をもつ音楽は海外からの評価も高い。


公式サイト:TAKUMI SEINO Official website

     
tactile sounds vol. 17
2015年 2月 28日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
加藤崇之 - electric guitar
井谷享志 - drums, percussion

tactile sounds vol. 17


■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel:03-3351-7904(15:00〜23:00)
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 17としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>

■加藤崇之(かとう・たかゆき)

加藤崇之

ギター奏者/作曲家

1955年1月31日生。高校生まではサッカー部だったが、兄が聴いていたジャズに 興味を持ちギターを始める。 大学在学中、19才でプロ入り。米軍キャンプでのディスコバンド、ブラジル人との サンババンドの経験など幅広い活動等を経、28才の頃より自己のリーダーとしての活動を開始。
自己のグループのほか、ジョージ大塚G、鈴木 勲G、菊池 雅章G、益田 幹夫G、向井滋春「オリッサ」、高橋知己G、今村裕司G 、榎本秀一G、井上淑彦G、金井英人G、翠川敬基「緑化計画」、渋さ知らズ、ルイザン・マイアG、フランシス・シルバG、モンゴロイダーズ、CO2等で活躍、現在に至る。

1989年には、アルバム『ギターミュージック』 加藤崇之トリオ+1 加藤崇之(g),是安則克(b),藤井信雄(ds),金井英人(b)を皮切りに、1991年、『渦』加藤崇之3 加藤崇之(g)、金井英人(b)、馬場たかもち(ds,per)、1999年、『NEW UZU Alchemist』加藤崇之(g)、宅朱美(p) 山崎比呂志(ds,per)、金井英人(b)、2001年、『ギタースタンダード』加藤崇之(g),井野信義(b),山崎比呂志(ds),是安則克(b),小山彰太(ds)2003年、『SYNAPSE』加藤崇之(g)、さがゆき(Voice,Efecters,Perc)、を発表。

また、『三階節』 明田川荘之ユニット、『夢』 宅朱美+加藤崇之、『レクイエム』SHOOMY BAND、『マラム・サヤ』榎本秀一4、『SOMETHING DIFFERENCE』 渋さ知らず、『BE COOL』 渋さ知らず、『渋さ道』渋さ知らず、等のアルバムにも参加している。

現在は、「エレクトリック渦」、「SoLo」の他、宅 朱美(Vo)とのDUO「夢」、さがゆき(Vo)とのDUO「シナプス」、蜂谷真紀(Vo)とのDUO「ミクロマクロ」、松風鉱一G、宅 朱美G、今村裕司G、等で活動。
Jazz、フリーインプロビゼーション、ブラジル音楽などを現在の演奏ジャンルとしている。

イギリスにおける世界最大ロックフェスティバル‘グラストンバレー’への「渋さ知らズ」での出演やメールスジャズフェスティバルなど海外での活動も多い。

<最近の活動>
ガットギターによるソロ、エレクトリックギターによるソロ、宅SHOOMY朱美、さがゆき、蜂谷真紀ら個性派でフリースタイルのボーカルとの活動、松風紘一(AS)グループ、ベテランから若手まであらゆるミュージシャンとのフリージャズや、インプロの交流、時々ブラジル音楽の歌手らとの共演など、積極的にライブ活動を行っている。

公式サイト:Takayuki Kato Official Web Sites

     


■井谷享志(いたに・たかし)

井谷享志

パーカッション・ドラム奏者

チャーリー・パーカーのアルバムでマックス・ローチを聴き、ジャズドラムをはじめる。その後、民俗音楽に触れ、パーカッションも扱うようになる。 既存の領域にとらわれない独自の感覚と幅広い表現力で様々なジャンルのバンド、レコーディングに参加。舞踏家や映像作家・画家など、ミュージシャン以外のアーティストとのライブや制作も積極的に行っている。

近時の主な活動は、 中原中也賞詩人三角みづ紀のユニットでは、谷川俊太郎、吉増剛造、吉本隆明と競演、早川義夫、佐久間正英、三上寛と共演、遠藤ミチロウ奄美群島ツアーに参加。ハワイ、スロベニア、ベルリンにてライブ。クール・ジャズの重鎮テッド・ブラウンの来日ライブレコーディングに参加。宇多田ヒカル「Hymne a l'amour 〜愛のアンセム〜」(菊池成孔プロデュース)のレコーディングに参加。

ピアニスト、作曲家 藤井郷子の「藤井郷子ニュー・トリオ+1」では、ヨーロッパツアー、北米ツアーを行なう。初の自己音源「なんか夢みたい」を発表。

公式サイト:ItaniTakashi’s Web

 
tactile sounds vol. 16 延期のお知らせ
2014年8月23日(土)に予定しておりました「tactile sounds vol. 16」ですが、諸般の事情により11月22日(土)に延期することとなりました。詳細に付きましては、追ってお知らせさせていただきます。よろしくお願いします。(益子博之)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com
tactile sounds vol. 15
2014年 5月 24日(土) open 19:00/start 19:30

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
落合康介 - double bass
外山 明 - drums

tactile sounds vol. 15


■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015
詳細:綜合藝術茶房 喫茶茶会記

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel:03-3351-7904(15:00〜23:00)
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 15としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。
http://tactilesounds.blog.fc2.com


<出演者のご紹介>


■落合康介
(おちあい・こうすけ)

落合康介

1987年神奈川県鎌倉市生まれ。
幼少よりピアノ、親戚のジャズピアニスト 中山静夫の影響で大学からコントラバスをはじめる。ジャズを田辺 等、山下弘治、クラシックを高西康夫に師事。都内を中心に様々なアーティストと活動中。

公式ブログ:bassist落合康介のブログ


■外山 明(そとやま・あきら)

外山 明

斬新なドラムセンスで独特の磁場を創り出し、ジャンルを問わず幅広く活動するドラマー。
キューバ、西アフリカ、インドを始め多くの国を旅し、音色とリズムの幅を広げる。
近年は単身ギニアに渡り、ギニア国立舞踊団のバラフォニストに手ほどきを受ける。

坂田明、日野皓正、渡辺貞夫、松岡直也、忌野清志郎、山下洋輔、Tipographica、UAなどで活躍。現在は渋谷毅オーケストラ、松風紘一カルテット、板橋文夫オーケストラ、柳原陽一郎、MULLHOUSE、他でほぼ毎日様々な形のセッションで活動中。

プチ公認サイト:外山 明Web

  
| 1/3PAGES | >>