2019/4/14(sun) 【米澤一平・川村美紀子「過ごし、暮らし」】出演 米澤一平・川村美紀子 時間 19:00開場/19:30開演 料金 ¥2000(1drink付)


2019.04.14.sun
【米澤一平・川村美紀子「過ごし、暮らし」】

https://www.facebook.com/events/2104504742974107/?ti=cl

本日川村美紀子さんと、一年四ヶ月ぶりの共演です。一昨年は、3ヶ月に一度は遊び回っては朝まで飲んで話で、昨年は、年間通して月一イベントの手伝いをしながら交流して、最近それぞれ新たな環境での生活が始まり、『過ごし、暮らし』というテーマ、タイトルのなかで、二人が交わります。

対話を中心に進んで、踊りたくなったら曲をかけて、また話してを繰り返します。終演時間は、あえて決めずに、自分たちにとっての時間の流れに身を任せてみようと思います。

もしかしたら結構な時間までやってる可能性もあるので、開演時間に間に合わなくても、是非飛び込みでもふらり立ち寄ってください。やってなくても、終わって飲んで話してるかもしれないので、よろしければ、参加してください。私たちは、平成元年世代として生まれて、もうすぐ平成が終わります。今日は、とりあえず、『社会という時間』に縛られず、『ただその場の流れの中』で、一緒に過ごしましょう。

---《イベント詳細》

■企画
2019.04.14.sun
米澤一平・川村美紀子
「過ごし、暮らし」
#DANCE #TAP #SOUND #LIVE

□出演
米澤一平・川村美紀子
□時間
19:00開場/19:30開演
□料金
¥2000(1drink付)
□会場
総合芸術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
http://gekkasha.modalbeats.com
□チケット予約
メール:ichi.yone.tap@gmail.com
TEL:03-3351-7904(喫茶茶会記)

~text~

夜中何度も起きてしまうのは、身体と意識がまだこの新しい環境に慣れていない証拠。8年前、NYでの生活は、黒人家族邸でのホームステイからはじまった。渡米後すぐに交通機関が機能しないほどの大雪が毎日続き、伝統的なジャマイカ料理や味が濃くて甘くてスパイシーな家庭料理が振る舞われ、就寝後も毎晩きっちり一時間毎に目が覚めてしまい、なかなか朝がやって来なかった。勉強や活動どころではなく、生活環境そのものに慣れていくのに必死だったが、少しずつステイ先の家族との暮らしや街を楽しめるようになってくる過程には、これまでにない新しい世界に触れている感覚、豊かさがある。まさか現在祖国日本でも軽い睡眠障害を起こしているが、それすらも豊かさの知る醍醐味として、新たな生活の過ごし、暮らしを、楽しみたい。

米澤一平

朝、6時に起きる。鳥たちのオーケストラを聴く。
太陽を浴びて、洗濯物を干す。パンを焼き、そういえば
読みかけだった本をひらく。午後、近所のおばあちゃん
とお茶をする。あまいキャベツと、12キロの石で漬けた
タクアンをごちそうになる。畑を耕して、肥料をやる。
鍬はとても重いけれど、ザクッと刺すと心地よい。
ここにはゴボウを植える予定だ。
山には動物がたくさんいる。たまねぎを収穫しようと
したら、サルの家族がやってきて取られてしまったんだ。
大根・かぶ・白菜と、たくわえの冬が明けてゆく。
もうすぐ春がやってくる。地元の人々の知恵をかりて、
せっせと夕飯をつくる。
洗濯物を取り込んで、お風呂に入る。友人と電話をして、
うとうと眠くなってきた。また明日がやってくる。

川村美紀子


2019/4/14(sun) Ippei Yonezawa & Mikiko Kawamura "過ごし、暮らし" 19:00 open 19:30 start 2000yen 1drink in


mikiko kawamura

ippei yonezawa
2018 川村美紀子 -12星座にささぐ-  月に一度ののダンス・スペクタクル 19:30 start 2000 yen 1drink in





- message -

藝術綜合茶房 喫茶茶会記のオーナー福地さんのご厚意を賜りまして、出逢いのきっかけとなったタップダンサー:米澤一平くんのサポートも受けながら、2018年より月に一度のソロダンス・スペクタクルを開催することとなりました。ゆったりとした喫茶茶会記の空間にて星のうつりかわりを味わうひとときに、是非お立ち会いくださいませ。

川村美紀子


- message -

美紀子さんはタップダンス・米澤一平さんの紹介になります。
とてもお話は上品なのですが、実演はかなりワイルド系でもあることがわかりました。笑
内外で評価が高く、有識者から教えてもらうのですが、わたしは専門分野上の評価ポイントを知りません。
美紀子さんの徹底した攻めの姿勢に感動しています。満点の優しく灯る星座の下で。 

店主 福地





- profile -

川村美紀子 Mikiko Kawamura

 1990年生まれ、16歳からダンスを始める。日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。2011年より本格的に作品を発表し、2012年初演の『へびの心臓』は、国内外で上演を重ねている。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像制作、弾き語りライブ、自作品の音楽制作、レース編みなど多彩に展開。
 2014年『インナーマミー』初演、トヨタコレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」及び「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクション EX 2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞後、渡仏。フランス国立ダンスセンター・CCN/Rを拠点に半年間のレジデンスを行い、「地獄に咲く花 (LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER)」を発表。
2013-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

=========
主な作品に、『むく/muku』(2010-2011)、『がんばったんだね、お前の中では』(2011-2012)、『へびの心臓/Alphard』(2012)、『すてきなひとりぼっち/Fantastic One-man Ping Pong』(2012)、『euphoria』(2013/横浜ダンスコレクションEX2013 海外フェスティバル交流プログラム)、『いちごちゃん/Strawberry Girl』(2013)、『蝶と花/butterfly and flower』(2014)、『インナーマミー/Inner Mommy』(2014-2015)、『春の祭典/THE RITE OF SPRING』(2015)『まぼろしの夜明け/Midnight Dreamers』(2015)他。

活動は国内に留まらず、ソウル国際ダンスフェスティバル(2011)、フィンランド・ヨヨオウルダンス・フェスティバル(2013)、マルタフェスティバル・ポズナン(2013/ポズナン、ポーランド)、Perforations Festival(2013/ザグレブ、クロアチア)、ヨーロッパ・ミーツ・アジア(2013/ハノイ、ベトナム)、Dance New Air 2014(2014/東京)等に招聘され作品を発表。2013年秋には青山円形劇場にて、Tokyo Dance Today#9 森下真樹×束芋「錆からでた実」に出演。ニジュウイチビジャック!(2014/金沢21世紀美術館)や、ニューヨークジャパンソサエティー:Contemporary Dance Showcase Japan + East Asia 2015(2015/NY、アメリカ)に出演するなど、活動の幅を広げている。
コンテンポラリーダンス界の新鋭として、ダンスがみたい!新人シリーズ10 新人賞、オン★ステージ新聞 2012年新人ベスト1振付家、第1回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞、HARAJUKU+PERFORMANCE+ DOMMUNE賞(2012)、第7回日本ダンスフォーラム賞、第45回(2013年度)舞踊批評家協会賞など、新人賞を総なめに。

フィンランド人ダンサーとのデュオ『euphoria』の上演(フィンランド・ヨヨオウルダンスセンター/横浜ダンスコレクション海外フェスティバル交流プログラム/2013年)、ルーマニア/日本:コンテンポラリーダンスプラットフォーム「Eastern Connection」(Gabriel Tudor財団主催/ルーマニア/2013)、音楽家:Alen and Nenad Sinkauz、マルチメディア・インスタレーション:Ivan Marušić-Klifとの共同制作『ENCOUNTER』(クロアチア芸術団体Domino/Perforacije Festival/2013-2014)など、海外コラボレーションも行う。


http://kawamuramikiko.com
「魂の邂逅 川村美紀子」喫茶茶会記店主筆
20180330

喫茶茶会記でのみ閲覧可








| 1/1PAGES |