<< 喜多尾 浩代:『そこふく風』 … vol.2 5/2 (第1金曜)の 20:00~ | main | 「RINATA - 同時代性を確保すること」(福地筆) >>
MIYA 南無観


Nam Kang
新月の夜の即興。無いものを観る。生まれ変わる細胞に降り注ぐ音。



MIYA in Sakaiki




2011/1月より喫茶茶会記で開催されてきた、New Moon Connecting Places。
2011/9月より即興演奏をクローズアップし、15席限定のプレミアムライブ「南無観 New Moon Improvisation 」として、バージョンアップリニューアル致します。

即興演奏は音による空間の彫刻。生まれては消え行く立体的な音空間をお集りの皆様だけに体感して頂きます。

ConnectingPlaces報告会は、従来通り、南無観(Nam Kang)の中で行って参ります。新月のうれしいプレゼントとしてMiya自身がブレンドしたハーブティーをサーブします。

※Nam Kang とはチベット語で、新月の意。
-------------------------------------------------------

Message From Miya

数年前から、新月や満月の日に、共感覚の表現者と、自分達の喜びのために、森や川など素敵な場所で、演奏をしたり、仲間と集う会を自然を感じながら行ってきました。新月は何かがはじまる日。満月は何かが完成する日。新月の日に、実現したい事をイメージして、願い事をたてると、叶いやすいそうです。また女性にとって、月のリズムを身体で感じると、色々な流れが整って、暮らしが楽になる事を実感されている方も多いかと思います。

今年の3月に、Connecting Placesの全国ツアーを開催しました。初のソロでのツアーだったので、その準備もかねて、今年の初めから、毎月、新月の日近辺で、Connecting Placesの東京本部と位置づけた茶会記で、ソロライブをさせて頂きました。Connecting Placesは、特別な場所で即興演奏をし、それを映像化するプロジェクトです。3月のツアー以降は、訪れた各地での作品を上映するConnecting Places報告会も行ってきました。

こうして、ソロライブを重ねて行くうちに、喫茶茶会記という、表現者にとって守られた空間での即興演奏にフォーカスしたい、という気持ちが芽生えてきました。私にとって、即興演奏とは、感覚を開く、という挑戦であります。新約聖書の第一章は、「創世は神の言葉(ロゴス)からはじまった」という文章で幕をあけます。ロゴス(Logos)は「言葉」と訳されていますが、本当の意味をたどって行くと、言葉を超越した、空気の振動「響き」という所にたどりつくと思うのです。フルートという楽器に息を吹き込み、空気の振動を通して、どれだけ茶会記という特別な空間を立体的に感じさせる事が出来るか。リニューアルした新月ライブの毎月の挑戦を、一緒に見届けて頂けたら、幸いです。














03-3351-7904
sakaiki@modalbeats.com
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/24 7:14 PM |
コメントする